AIと仕事の未来|奪われるものと残るもの

  • 2019.11.01
  • AI
AIと仕事の未来|奪われるものと残るもの

人工知能は現存する数百万もの仕事を排除し、数百万の新しい仕事を生み出す態勢が既に整っています。しかし、その一部はまだ存在すらしていません。

シカゴに本拠を置くAIスタートアップCatalyticのCEOであるショーン・チョウ氏は、ロボットはまだまだ使えないものであると考えています。そして、その率直な評価は彼一人だけではありません。

「試しに「YouTube ロボット 失敗」と検索してみれば、その答えはすぐに分かる」と、チョウ氏は言います。 検索窓にこれらの文字を入力してクリックすれば、ロボットの失敗動画を容易に確認できるでしょう。

しかし、彼らは常に改善を重ねレベルアップし、斬新な方法で業界にサービスを提供していますが、チョウ氏は「私たちは「ターミネーター」からかなり遠い」というのが彼らの現状での評価のようです。 ここで言う「ターミネーター」とは、言い換えれば、全ての事象に対して人間とほぼ変わらない思考のできる汎用人工知能のことを指しています。

ただし、誤解しないでください。技術が進歩していないということではありません。絶え間なく流されるメディアの報道が信じられないほどのスロースピードで、緩やかなレベルアップをしているということです。これは、ロボットやその他のAIを搭載した技術に仕事を奪われると考えている人たちにとっては、素晴らしいニュースかもしれません。

AIは多くの仕事に取って代わる

多くの職業が今後5~10年で完全に自動化されるというのは、大多数の専門家の間でのコンセンサスとなっています。 Forbes Technology Councilを構成する上級レベルの技術幹部のグループは、保険関連、倉庫および製造業、顧客サービス、調査およびデータ入力、長距離トラック輸送などなど、つまりは「学習可能なタスク」であれば、全てがその対象になるということです。

Mediumに投稿されたエッセイで、AIの第一人者Kai-Fu Lee ? Sinovation VenturesのCEOであり、2018年の本「AI Superpowers:China、Silicon Valley、and the New World Order」の著者 ? は、現在存在する全ての仕事の50%が15年以内にAIによって自動化されると仮定しています。 「ほんの数例を挙げると、会計士、工場労働者、トラック運転手、パラリーガル、および放射線科医などは、産業革命中に農民が直面したのと同じような混乱に直面するでしょう」と彼は書きました。 「研究が示唆しているように、AIが仕事に取って代わるペースは加速の一途を辿っており、高度に訓練された人々にも教育水準の低い人々にも同じように影響を与えるでしょう。」

また、Becker’s Hospital Reviewの最近の記事によると、収益サイクル管理に関連する特定の医療タスクをAIが代替することになります。 オックスフォード大学や米国労働統計局などによる複数の研究では、これらの開発と予測を考慮した際、大規模で避けられない変化が進行中であるとも考えられています。 その変化の根拠に関する理論は数多く世に出ており、それらの多くはあなたが喜んで学ぶべきものと言えるでしょう。

人工知能は人間の創意工夫を必要とする

多くの専門家は、AIの最大の恩恵の一つとして、仕事の一部に存在する退屈な繰り返しタスクを実行する必要がなくなったことを挙げるでしょう。そのおかげで、人間はより複雑でやりがいのあるプロジェクトに自由に集中できるようになり、必要な時間を費やすことができるようになりました。

「テクノロジーは現在の労働者や仕事を置き換えていくという懸念が常にあります。それは間違いありません」とチョウ氏は言います。 「しかし、常に起こることとして、その作業とその出力が、はるかに生産的なものにリダイレクトされます。」 一部の人は、生産性と効率の向上が週の作業時間を短縮するかもしれないと考えるでしょう。理論的には良いように見えますが、独自の問題があります。つまり、支払いと福利厚生にはどのような影響があるでしょうか?そして、金銭的な報酬の大部分を享受するのは誰でしょうか?会社?労働者?政府?これらの質問に対する回答は未だありません。

以前Digit.AIのCEOで現Waystarの副社長Justin Adams氏は次のように述べています。「これまで、技術はあなたが対処しなければならないことであるため、より多くの仕事を生み出してきました。しかし、特定のAIが実際に現在の技術革新から反転するような場所に到達するための、特異点が存在するのではと考えています。」

しかし、Chou氏によると、テクノロジーの導入を促進してワークロードを増やすのではなく減らすためには、多くの人が必要です。 「より多くのテクノロジーが包含され、テクノロジーに対する私たちの要求が多ければ多いほど、より多くの人々がそれを行うことに関与することになるでしょう。」 Chou氏はビデオゲームを良い例として挙げています。 「DOS時代」に戻ると、必要なのは1つの「ローグ」と、ゲーム開発に要する6か月ほどの苦労だけでした。現在は、音声の才能、デザイナー、洗練された物理学、数百万ドルの予算を必要とする「映画スタジオのような仕事」が求められており、作品を世に送り出すにはハイテクな共同体が必要です。

「より良い技術を提供するために必要な人の数は非常に増えています」とチョウ氏は言います。 「そのため、ハイテクの影響を心配することから、実際にテクノロジーの作成を仕事にすることへ移行していくことになるでしょう。 AIに目を向けると、発生しているすべての例外を処理するために、トレーニング、データ入出力、メンテナンスをノンストップで実施する必要があります。 AIをどのように監視しますか?どのようにトレーニングしますか? AIが正常に動作していないことをどのように確認しますか?これらの課題を解決するためのタスクは、全て新しい仕事として創出されるでしょう。」

ジョブクリエーターとしてのAI:異なる種類の仕事

現在でも、世界中の軍隊がAIの開発に関与しています。このテーマに関する最近のニューヨークタイムズの記事によると、「AI研究者は、少量のデータから学習できるシステムを構築したいと考えています。しかし、近い将来、人間の労働は不可欠です。」

GigaomのCEOバイロンリースは、AIが人間の労働にどのように影響するかについて、類似した見解を持っています。彼が最近のエッセイで意見を述べたように、AIは「世界でこれまで見た中で最高のジョブエンジン」になるでしょう。 「実際、米国労働統計局は、会計士、法医学者、地質学者、テクニカルライター、MRIオペレーター、栄養士など、AIが影響を与えると予想される多くの職業で平均よりも速い雇用の成長を予測しています」。金融専門家、ウェブ開発者、融資担当者、医療秘書、顧客サービス担当者などの分野では、雇用の成長を経験することはありませんが、AIを通じて成長します。

「しかし、インターネットの場合と同じように、仕事の本当の利益は私たちの想像力をはるかに超えた場所から来るでしょう。」とも彼は発言しています。

サンフランシスコに本拠を置く機械学習会社Skymind.AIのCEOであるChris Nicholsonは、さらに遠い歴史に根ざした見解を共有しています。 「誰もがこのアナロジーを使いますが、産業革命が来たとき、ある種の仕事は消えました」と彼は述べています。 「しかし、多くの仕事と多くの全く新しい仕事が生まれました。ですから、たとえば、産業革命前後の時代を考えると分かりますが、当時のイギリスは仕事が少ない貧しい国だったでしょうか。それ以前よりさらに多くの仕事がありましたし、それはこれまでとは別の新しい仕事でした。」

2017年春に彼が行ったテッドトークの一環として、未来派のマーティンフォードは、頭脳学者(その中のノーベル賞受賞者のペア)によって集められたいわゆるトリプルレボリューションレポートに目を向け、問題に対処しました。

その中で、リンドン・ジョンソン大統領は、1964年初頭、「産業オートメーションは何百万人もの人々を失業させようとしていたため、米国は経済的および社会的激変の危機に直面している」と主張していました。 それは半世紀以上前のことでしたが、何度も何度も繰り返し語られてきました。これは誤った警告であったため、これについて従来の考え方が提唱されるに至りました」 ―テクノロジーは「産業全体を破壊し職業全てと仕事を一掃してしまう」と考えられているが、これらの進歩は完全に新しい仕事を創出することに繋がるだろう― 今後生み出されるであろう新しい産業と新しい仕事について、「私たちは本当に想像することすらできません。」

関連する議論の中で、ニコルソンはアメリカ人類学者および「アナーキスト活動家」デビッド・グレーバーによる「でたらめの仕事の現象について:仕事の暴言」という2013年のエッセイに言及しています。グレーバーは、産業および農業における自動化を促進した失業が、専門的および管理的なものから、事務、販売およびサービスに及ぶ他の分野の雇用の三倍にもなると当時の研究を引用しています。

まだ決定されていない製品やサービスの導入によって必要とされる、AIが生み出した仕事の今後の収穫を見てもなお、同様の怒りを引き起こすかどうかはまだ未知数です。ただし、確かなことが1つあります。仕事に関しては、人間は以前と同じように必要であり、異なる方法でも必要になります。

「コンピューターとAIからより多くの価値を得るにつれて、人々の重要性は低下するという大きな懸念が依然根強くあります」と、シカゴに本拠を置くAI会社Narrative Scienceのテクニカルプロダクトマネージャーであるダンプラットは言います。 「しかし、私はそのようには見えません。予見不可能な未来のために、請負業者、配管工、電気技師、窓の設置者が必要になります。これらの仕事は非常に重要であり、世界はそれなしでは機能しません。

リー氏も、多くの仕事がAIの陳腐化から安全であり続けることを確信しています。つまり、作成、概念化、複雑な戦略的計画管理、正確な手と目の調整、「未知の構造化されていない空間」への対処、「共感と思いやり」を感じたり、相互作用することを必要とするものです。理学療法、医療、AI関連の研究とエンジニアリング(duh)、教育、刑事防衛法、コンピューターサイエンス、科学、管理などが挙げられます。 J.K.ローリングなどに代表される物語の執筆も含まれるでしょう。

職場のAI:インパクトに備えた現実的な準備

今年の夏、アマゾン ― 倉庫はロボットで賑わい、今後数年でますます自動化されます ― は、2025年までに10万人を再教育するために7億ドルを費やすと発表しました。会社が「Upskilling 2025」と呼ばれるプログラムへの参加は任意です。これは、従業員がアマゾンの内外において、技術的役割で労働可能なスキルが身につくように設計されています。
より冷淡なオブザーバーは、会社が労働者をどのように扱っているかについてのお世辞にも劣る報告に照らして、それを高価な広報キャンペーンが出されるまで延期するかもしれません。しかし、それは実行不可能だとチョウ氏は言っています。なぜ、多くの人々により適応可能なテクノロジーをシンプルに作ってはいけないのだろう、というのが彼の疑問です。そのために、学習曲線は非常に低いと言わざるを得ません。一例を挙げると、倉庫労働者を再教育してエンジニアにするのは現実的とは言えないでしょう。

「多くのことについて人々に少しでも理解してもらえるようにすべきだと思うので、大きな負荷を強いられることなくチャンスが訪れることになるでしょう」とプラット氏は言います。 「Pythonで書くように全員を訓練するつもりはありませんが、工学の基礎や物事の仕組みを理解する訓練を受けた人がいれば、彼らがチャンスを掴む確率はずっと高くなります。」

ニコルソンは、ますますAIを活用した世界で生き残り繁栄していくには、多面的なアプローチが必要であると考えています。何よりもまず、彼は次のようにアドバイスしています。「あなたが仕事に退屈しているなら、それはおそらくくだらない仕事であり、機械はおそらくそれを簡単に自動化してしまうでしょう。」

彼の実践的な推奨事項は驚くほど技術的ではありません。そして、それらは2つの言葉に要約することができます。

  1. 基本的なスキル:たとえば、口頭および書面によるコミュニケーションのようなもの
  2. リスニング:感情の読み取り、質問、明確な文章、曖昧さのない説得力のある議論の構築。

「それらはすべて非常に重要であり、コミュニケーションをとる必要のある人間が不足することはありません。」と彼は言います。

数学のスキルも重要です。しかし、「AIアルゴリズムの出力」を理解するために、統計的概念、計算、代数線形回帰の適切な理解を深めることは良い考えです。そのような基礎知識を身に付けることは、新しい仕事に適応するための鍵になることでしょう。

「人々はAIと電気を比較するのが好きです」とChou氏は言います。 「そして、私は実際にその類推に同意します。しかし、電気はアイデアから広く採用されるまでに1世代または2世代かかりましたが、今日ではテクノロジーの影響がはるかに早く発生しています。そのため、基本的な社会の変化の割合は増加しており、人々が準備ができて適応可能な状態に至っていないことが大半です。」

しかし、生き残り、繁栄するためには、彼らは迅速に準備し適応していかなければなりません。そのため、大きな社会的変化が来ていますが、少しでも先を行く計画を立案することは大いに助けになることでしょう。つまり、フレッティングを停止し、実行していかなければならないのです。

「AI革命が再調整と多大な犠牲を必要とすることは疑いの余地はありません」とリー氏は書いています。「しかし、今後起こり得ることに絶望することは非生産的で無意味です。思いやりと共感のための人間のナレッジは、将来の労働力にとって貴重な資産になり、ケア、創造性、教育に関わる仕事は、私たちの社会にとって不可欠なものであることを忘れてはなりません。」